売れ筋育毛剤Top > 育毛、薄毛改善 > 脂漏性皮膚炎 > 脂漏性脂漏性を改善する方法

脂漏性脂漏性を改善する方法



シャンプーをしてもフケやかゆみが止まらない場合、脂漏性皮膚炎の可能性があります。脂漏性皮膚炎は頭皮や鼻などの皮脂分泌が多いところに発生しやすい皮膚炎です。脂漏性皮膚炎の原因にはストレスや睡眠不足、ホルモンバランスの乱れ、食生活などが考えられます。

これらの原因に加え、皮脂が増加することでマラセチア真菌と呼ばれる常在菌が異常に増えてしまいます。このマラセチア真菌が皮脂を分解する過程で、遊離脂肪酸が発生します。この遊離脂肪酸が酸化することで炎症が発生し、フケやかゆみ、赤みなどを引き起こします。

●脂漏性皮膚炎を改善する方法
・殺菌剤配合のシャンプーを使用
脂漏性皮膚炎の原因はマラセチア真菌です。普通のシャンプーで一生懸命洗っても、皮脂が余計に増えて痒みがひどくなります。おすすめなのは殺菌作用のあるピロクトンオラミンや抗真菌作用のある硝酸ミコナゾール配合のシャンプーです。特に人気があるのは「コラージュフルフル」です。こちらのシャンプーは硝酸ミコナゾールが0.75%配合されています。また、アミノ酸洗浄成分なので皮脂を取りすぎる事もありません。

・皮膚科でのステロイド外用薬
頭皮のかゆみが強い場合は皮膚科で診てもらう事をおすすめします。皮膚科では炎症をおさえるステロイド外用薬「リンデロンVG」などが処方されます。対処療法ではありますが、痒みを抑えてくれます。また、ひどい場合は抗生物質の内服薬なども処方されることもあります。

・ビタミンB群をしっかり摂る
ビタミンB2には脂質の代謝を促進する作用があります。皮脂が多い場合は積極的にとる事をおすすめします。レバー、納豆、うなぎなどにビタミンB2は豊富に含まれています。その他、糖質代謝のあるビタミンB1は玄米、豚肉、にんにくなどに、タンパク質代謝のあるビタミンB6はレバー、さんま、バナナなどに含まれています。

・オメガ3脂肪酸を摂る
オメガ3脂肪酸とは青魚に含まれるDHA,EPA、亜麻仁油やえごま油に含まれるαリノレン酸などがあります。オメガ3脂肪酸の特徴としては血流改善作用をはじめ、炎症やアレルギー症状を抑制する作用があります。

HOME