売れ筋育毛剤Top > 育毛剤について > プロペアシア > プロペシアの注意点

プロペシアの注意点


プロペシアは男性型脱毛症のための医薬品ですから、効果が高い反面、副作用や使用を禁じられる場合があります。プロペシアにはどのような副作用があり、どのような人が使用してはならな以下を紹介します。


・プロペシアの副作用
プロペシアは飲むタイプの薄毛治療薬ですから、他の錠剤の薬と同様に胃腸や肝機能への負担が大きくなります。 プロペシアの副作用でよく言われるのが、性欲の減退や勃起不全などがあります。副作用の発生は服用者の5%程度と言われています。 また、精神的に不安定になる、あるいはうつ病を発症するというケースも、非常に低い確立ですが報告されています。ただしこれらの症状は、フィナステリドの服用を止めれば治まります。


・プロペシアを使用してはいけない人
結婚を控えている、あるいは結婚していて子供が欲しいと考えている男性は使用を控える事をおすすめします。 これはフィナステリドの副作用によるもので、性欲減退や精子量の減少などが発生する恐れがあるためです。。 フィナステリドを服用中に飲酒をすると、稀に肝機能に障害が発生することが指摘されていますし、肝機能障害によって内臓不全にもつながりますから注意が必要です。。 女性は服用するのはもちろん、触るだけでも皮膚からフィナステリドを吸収してしまいますから危険です。 特に妊娠中の場合、男の子の胎児であれば生殖器官に対して悪影響を及ぼしますので、プロペシアに触れたりする事も避ける事が大切です。 精神的に不安定な人やうつ病などの精神に係わる持病がある人も、フィナステリドの服用は控えるべきです。

HOME