売れ筋育毛剤Top > 育毛、薄毛改善 > 遺伝と薄毛 > 遺伝と薄毛対策

遺伝と薄毛対策

父親や親類に薄毛の人が多いと、将来は心配になるものです。 特に男性の薄毛は遺伝しやすいと言われています。ここでは遺伝と薄毛の関係、薄毛対策について紹介します。





・AGAの遺伝について
薄毛といえば親から子へと次々引き継がれていくようなイメージですが、研究が進んできた近年では、その常識はやや違っていたようです。 実は、薄毛の遺伝子は父よりも母親の家系から遺伝する事が多いと言われています。

性別を決定する遺伝子として、X染色体とY染色体があり、男性の場合はXY型、女性の場合はXX型となります。 男性のX染色体は母親からしか遺伝できませんが、そのX染色体に男性ホルモンレセプターに関する遺伝子が含まれているいます つまり、薄毛は母親の家系から遺伝しやすいということになります。

しかし実際には、女性の場合は女性ホルモンの働きによって、薄毛になるX染色体を持っていても実際に薄毛になることはほとんどありません。 つまり薄毛かどうかを知るには母親の父親、つまり母方の祖父が薄毛かどうかも特に重要となるのです。


・薄毛の治療は可能なのか?
母方の祖父が禿ている場合は、将来薄毛になってしまう可能性は高いといえます。 しかし、実際にAGAになるかどうかは遺伝の影響に加えて、環境による影響も強く受けることになるのです。

薄毛になりやすい生活といえば、脂っこい食べ物を好んで食べている、ストレスの多い生活を送っている、生活習慣が不規則、いつもお酒を飲み歩いている、喫煙者である、などです。

食事やストレスは血行不良の原因になります。また、喫煙は活性酸素の増加、お酒は肝臓への影響による代謝低下などを引き起こします。薄毛の遺伝子を引き継いでいたとしても、頭髪に対して負担をかけないような生活を送ったり、育毛剤、治療薬を服用していれば対処が可能です。

HOME