売れ筋育毛剤Top > 育毛、薄毛改善 > ヘアサイクル > ヘアサイクルと薄毛の関係

ヘアサイクルと薄毛の関係

髪の毛にはヘアサイクルと呼ばれる周期があります。男性は4~5年、女性は5~6年程度の期間で髪の毛は生え変わります。薄毛に悩む人の毛周期は乱れています。

髪の毛の毛周期は成長期、退行期、休止期に分かれています。ヘアサイクルの9割は成長期です。成長期は髪の毛がどんどん伸びる時期です。髪の毛を作り出す毛母細胞が活発に分裂している状態です。成長期が終わると退行期に入ります。退行期は2~3週間程度で、毛母細胞の働きが弱まります。髪の毛の根っこにある毛球が萎縮してどんどん小さくなります。そして髪の毛は休止期に入ります。休止期にはいると毛母細胞の働きは完全にストップしている状態で、いつ抜けてもおかしくない状態です。休止期は3ヶ月から6ヶ月程度あります。



男性の薄毛の原因は成長期の短縮です。通常は4年程度ある成長期が短くなり、産毛の割合が増えてきます。その為に頭皮が透ける状態になります。成長期の短縮は退行誘導因子と呼ばれる脱毛物質が生成されることで発生します。血液中の男性ホルモンが毛乳頭内部で5αリダクターゼと呼ばれる酵素の影響を受け、DHT(ジヒドロテストステロン)に変化します。DHTがレセプターと結合する事で退行誘導因子が生まれます。

男性の薄毛対策は退行誘導因子を生み出さない事にあります。その為できる事はDHT(ジヒドロテストステロン)を抑制する事です。DHTの抑制には医薬品「プロペシア」やノコギリヤシ配合のサプリを服用するのが一般的です。
HOME